1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog

私、母に愛されていたんですね 


こんにちはドキドキ

 

 

昨夜は、お仕事を終え

帰る支度を整えながら

 

 

淳クン ( ← 主人 ) に

「 今から帰るよ ドキドキ 」

ラブコールをしながら ハッと 驚きました

 

 

なんと 私 …

 

 

左手に スマホを持って 喋りながら

右手で スマホを探していたんですビックリマーク

 

 

え~~~~~~~~~~~~っ ( 驚 )

 

 

メガネをかけながら

メガネを探す的な…

 

 

そんなコントみたいなことを

素でしていた…

 

 

なのに誰からも突っ込まれないこの寂しさ…

堪らず すぐさま Face book に 投稿しました!

 

 

そして 投稿し終え ホッとしたその時

本当は持っているのに 「 持っていない 」 と 思うことって

よくあるよなぁ~と 思ったのです。

 

 

例えば…

先日 お越し下さった ある クライアントさんの話しです。

 

 

そのクライアントさんは

亡くなったお母様への想いを

ゆっくりと 話し始められました。

 

 

亡くなったお母様との親子関係が良好ではなく

お葬式を終えても 泣くことが出来ない

 

 

だって、子どもの頃からずっと 母親に甘えたことがないし

私は ただの一度も 愛されたことがないから。

 

 

溢れ出すその想いを

じゅうぶんに お聞かせ頂いた後

ハッとした表情で こう言われました。

 

 

「 1度だけ ピアノの発表会に来てくれたことがあるんです 」

「 へぇ~! そんなことがあったんですね 」

「 たぶん、私が うまく弾けるか 心配だったんだと思います 」

「 え?なんで心配されたんでしょ? 」

「 ………… 私のことを想ってくれていたから… 」 

 

 

そう言った瞬間 ハンカチで顔を覆われました。

「 私、母に愛されていたんですね 」

 

 

と、本来のご自分や 亡くなった方との出逢い直しを経て

もうすでにそうであった。ということを

思い出されたのです。

 

 

出逢い直しカウンセリングを終え

ニッカーーーーーーーーーーーっと

零れんばかりの笑顔を浮かべ

 

 

「 私、本当は こんなに笑えたんですね 」

そう言ってお帰りになられました。

 

 

本当は、持っているのに 「 持っていない 」 と 思う。

 

 

それはまるで

左手に スマホを持って 喋りながら

右手で スマホを探していた私のように…

 

 

あなたも そういう ことって経験ありませんか?

( 求む仲間!w )

t02200146_0800053213154425850

PS : 投稿した Facebook には 温かい [ いいね!] を たくさん頂きました。

第66回 白石いづみ講演劇
「 神様からのプレゼント
~ 白血病が教えてくれたこと~ 」

【 日にち 】 2015年1月11日
【 時 間 】 開場 17:30 / 開演 18:00
【 会 場 】 キャパルボホール8階
【 住 所 】 鹿児島市東千石町3-41
【 定 員 】 150名
【 チケット代 】前売り券3,500円 当日券4,000円

【 チケット購入方法 】
*PEATIXでネット決済 (クレジットカード決済)
こちらのURL;からお申込みください。
http://ptix.co/1tNLOs9

*現金でお買い求めのときは
白石いづみHP内の お問い合わせより
「 その他 」にてご連絡ください。

予告編 は こちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー