1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog

亡くなった方からの愛のメッセージを受け取ってますか?


大切な人を亡くして

悲しみの中に佇んでおられる方の想いを

出逢い直しカウンセリングにて伺っているのですが

フッと思うのです。

 

 

亡くなった人は肉体を離れ

愛と光の存在に還った美しい魂として

寂しくて 哀しくて いたたまれない毎日を過ごしている

 

遺してきた最愛の人の姿を見ながら

今、何を思っているのだろう?

 

何を伝えたがっているのだろう?

どう生きて欲しいと願っているのだろう?

 

じゅうぶんに 目の前のクライアントさんの想いを伺ったあと

 

 

「 もしも、その悲しみや 寂しさを 自分の心から取り出して

机の上に置くことが出来たとしたら。


そして、真っ新な気持ちのままで

愛と光の存在に還った大切な人の魂が
あなたへ届けたがっているメッセージに
チューニングを合わせてキャッチすることが出来たなら。

なんと言っていますか?
どんな想いを伝えたがっていますか? 」

 

 

そうお尋ねすることがあります。

すると、クライアントさんは静かに目を瞑り

亡くなった方の魂を感じ

チューニングを合わせ メッセージを受け取ります。

 

 

「 残された者は自分の人生を楽しめば良い。

喪に服す必要はない。今やりたいことをやれば良い 」

 

「 あなたの幸せをいつも見守っているよ 」

 

「 ありがとうね 」 

 

 

 

先日、お越し下さったクライアントさんは
「 本当に父親がそう私の中で言っているような感じがした 」

 

と、おっしゃいました。

 

 

 

そして ようやく気付くんです。

残された人が悲しんでいるほど、亡くなった人は

自分が死んだことを悲しんではいない。って。

 

 

残された人と亡くなった人の想いには

” 温度差 ” が あるって。

 

 

亡くなった人を想い

悲しみ 嘆き 涙をいっぱい流す 「 時 」 も 必要です。

 

 

じゅうぶんに その 「 時 」 を 過ごし

時が熟し、心の準備が整ったら

 

亡くなった方が あなたへ 届けたがっている想いを

聞いてみる 「 時 」 を過ごすことも

また同様に必要です。

 

 

だって、良好なコミュニケーションって

絶対に 一方通行じゃないですものね。

 

亡くなった方の命と一緒に

いつか あなた自身の命を

 

ぞんぶんに生き抜いていかれます日が

訪れますことを 心からお祈りしております。

 

 

白石いづみHPはこちら

ーーーーーーーーーーーーーー
出会い直しカウンセリングご予約
ーーーーーーーーーーーーーー 
 
セッション開始は
10時~ 13時~ 15時~ にて承っております。
まずはメールかお電話でお問合せください。

お問合せ先メールフォーム
http://dunchan.net/inquiry/

お電話 

080-5803-0912

鹿児島Teresa営業日

8月

5日(火)
6日(水)
8日(金)

18日(月)
19日(火)
20日(水) 

22日(金)

23日(土)


26日(火)

27日(水)

29日(金)

30日(土)

31日(日)

薩摩川内Teresa営業日 

4日(月)
21日(木)
25日(月)
28日(木) 

 


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー