1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog

父親が亡くなっても泣けないんです


こんにちは音譜

出逢い直しカウンセリングの白石いづみですニコニコ

いつも Blog を読んでいただき

ありがとうございますドキドキ

 

先日、出逢い直しサロンにお越しになった女性(Mさん)は

今から13年前に不慮の事故で突然

お父様を亡くされた方でした。


「 私、父親が亡くなっても思い切り

自分の感情のままに 泣くことができないんです 

お父様の死を悼む間もなく

お身体が弱いお母様に変わって

葬儀の準備から法事に至るまでずっと

すべての段取りを整えてきた中で

「 今でも メソメソ泣いている母親を

見ていると無性に腹が立ってきて

” いつまでも泣いてたって仕方ないじゃないの!”

そう 怒鳴ってしまうんです… 」

 

今までずっと独りで抱えていた

たくさんの想いを お聞かせくださりました。

そして ある瞬間にパッと顔色が変わり

何か思い出したようにお顔を上げられ

「 あ… 」 と 震えた声が唇から零れてきたのです。

「 3歳の頃、私、こう思っていたことを 今 思い出しました。 」

 

それは、幼少の頃に起こったある出来事から芽生えてしまった

ビリーフ ( 制限的信念 ) でした。

「 私が泣いたら 周囲の人に迷惑を掛ける 」

わずか3歳の頃に そんなことを思っていただなんて

なんて いじらしいのでしょう。

あの頃の話しを始めると

堰を切ったように 彼女の瞳から大粒の涙が溢れて来ました。

ずっと ずっと あの頃から 周囲の人に迷惑を掛けちゃダメだって

泣けずにいたんですね。 頑張ってきたんですね。

そこに留まっていた3歳の彼女と出逢い直し、そっと抱き寄せ

その時流したかった涙を。言いたかった想いを

時を超えて 涙を流し 手放すことができたのでした。

そして

新しく書き換えたビリーフ

「 泣きたい時には 誰の遠慮もせずに泣く 」 を持って

 

亡くなられたお父様の存在を感じながら

まだ伝えきれていない想いを伝え

ずっと留めていた涙を感情の赴くままに流しながら

ゆっくりとお父様との出逢い直しを味わい

カウンセリングが終わるその頃に

こう おっしゃられました。

「 今まで感じていた胸の苦しさが

今、とても楽になっています 」

そう 深い呼吸を数回繰り返して

お帰りになるMさんの後ろ姿が

まるで3歳の頃のMちゃんが

スキップしている姿と重なるようでした。
t02200149_0539036412920933558

************************

 

” 出逢い直し ” カウンセリング についての
【 出逢い直しカウンセリング とは 】 は こちら
【 お客様からよく頂く質問 】は こちら
【 お問い合わせフォーム ( その他 ) 】 は こちら
どうぞ お気軽にお問い合わせください。
 


************************

 


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー