1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog

私、本当は寂しいのかもしれない


こんにちは

出逢い直しカウンセラーの白石いづみです。

今日は、どのような1日をお過ごしになられるご予定ですか?

私は、今日1日、デスクワークでございます(涙)

あぁ~、ピクニックへお出掛けしたい。

 

先日、出逢い直しサロンへ

時間が空くと予定を詰め込みたくなる

という方がお見えになられました。

その方は3年前に

不慮の事故で突然 ご主人様を亡くされ

それ以降 ずっとお一人で暮らしておられる方でした。

「 今度、京都へ紅葉狩りに行くことになったのよ音譜 」

「 今から花の苗を買って帰らなきゃ音譜 」

「 これが終わったら今日はプールに行くの音譜 」

ペン教室に通ったり

お友達と食事に出掛けたり

旅行へ出掛けたり

充実した日々を過ごしている ようにも見られ

人からは そんな自由な時間があっていいわね。と、

羨ましがられることもあるそうです。

「 私には 予定を入れられるだけの

暇な時間があるということよ 」

今までずっとご本人様も そうおっしゃってましたが

そのお姿は どこか お疲れを感じておられるようにも見えました。

そして、先日 ポロリと小さな声で こんな言葉をこぼされたのです。

「 私、本当は 寂しいのかもしれない 」

タイトスケジュールを作り出していた根源は

この思いから始まっていたのですね。

 

突然、不慮の事故でご主人様を亡くされ

どのような想いを抱えて 誰にも言えず

寂しさを埋めるように 忙しい日々を過ごしておられた…

いえ、過ごさずにはおられなかったそのお気持ちを

私なんかが察することなんてできません。

その寂しさを慰める言葉を私は持っていないのです。

しかし、もし、 お掛けできる言葉があるのなら

それはたったひとつ。

 

 

大切な人を失って

その肉体に触れ 声を聞くことかできずとも

大切な人の魂は あなたの中に居て

あなたと一緒に生きている

出逢い直しカウンセリング中、

ご自分の中に居る ご主人様の存在をじゅうぶんに感じると

表情がとても柔らかくなったその女性が

このようなことをおっしゃっておられました。

「 今までも 主人の遺影に向かって 

「 おはよう 」 とか 「 行って来ます 」 とか
こちらから一方的に
声を掛けてはいましたが

なんだか 今は 繋がっている。という感じがします。

こんなにも 主人の存在を近くに感じたことはありません。

大切な人を失った寂しさを埋めるように
タイトなスケジュールを立てて

寝る間も惜しんで忙しくしている。

その状態から

大切な人と出逢い直しながら

自分のいのちを生きていく。

いのちが眩しい

そんなことを感じさせてもらえた

出逢い直しカウンセリングでした。

” 出逢い直し ” カウンセリング についての
【 出逢い直しカウンセリング とは 】 は こちら
【 お客様からよく頂く質問 】は こちら
【 お問い合わせフォーム ( その他 ) 】 は こちら
どうぞ お気軽にお問い合わせください。

 


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー