1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog

「真っ黒に焦げたステーキ」☆白石いづみ講演劇(8)


こんにちは

出逢い直しセラピスト白石いづみです

***********************

今から14年前に発症した

急性リンパ性白血病の経験をもとに

白石いづみ講演劇

「 神様からのプレゼント

~白血病が教えてくれたこと 」

を全国にお届けに行ってます。

講演劇を、そのままBlogに連載しています。

*********************

昨日の記事の続きです。

無事に、宣告された余命一ヶ月を乗り越え

身体を休める休薬期間に突入しました!

食事制限も解除されて、

好きなものを食べても良いと言われました。

私は、ずっと行きたかったその場所へ

走って行きたかったのですが

なんせ、一ヶ月も寝たきり状態でしたから

体力が衰え、走ることはおろか

手すりがないと、廊下を歩くことすらできず

車椅子に乗って行くことにしました。

姉に車椅子を押してもらい

私は、自らタイヤを手で押しながら

ダッシュ! ダッシュ!! ダーーーーッシュ!!

キキキィーーーーィィィ!!

着いたそこは、夢にまで見た・・・・。

食堂でした!

メニューが美味しそうな形で

ショーケースの中に並んでいます。

私は、一段一段、ひとつひとつ、指さしながら

「 お姉ちゃん!見て!見て!

焼肉定食でしょ!カツカレーでしょぉ~!生姜焼き定食!」

うううぅぅぅ・・・・。

一番上のメニューが見えないではないか!

私は、漏らさず見たくって

車椅子からゆっくり立ち上がり

一番上の段に並んでいるソレを指さし
私は、こう叫ばずにはおられませんでした。

「 お姉ちゃん!今日は、ハンバーグ定食にする!!」

その瞬間、私の周囲がざわめくのを感じたんです。

ハンバーグを指さしている私

を指さしている人たちが

とても驚いた表情をして

「 ク・・・クララが立ってる!」

ハイ、ここ、わかる人だけわかればイイとこでーーーす。

それから毎食、食堂に通うのでした。

しかし、すぐに休薬期間も終わり、

また、抗がん剤の治療が始まりました。

だけど、

主治医が、「 ちゃんと過熱してあるものだったら食べても良い 」

そう言ってくれたのです!!

だから、毎日、お見舞いに来てくれる父親に

食べたい物リストを書いて渡して

その中から一品、持って来てもらうことにしました。

父親は、自営業をしているんですけど

忙しいとスーパーに買いに行けず

手ぶらで来ることもあったんです。

んもぉ~~うねぇ~~~~~、

その手ぶらで来た姿を見るや否や

一瞬で、瞳の輝きが消え

うなだれ、意気消沈したその様子で

「 お父さ・・・・ん。手ぶらなんだね・・・・・・・・。手ぶら・・・。

もう、明日の差し入れまで私は、頑張れないよ・・・・・。

お父さん・・・・・、私は、もう・・・・頑張れない・・・・・

まるで、もうそのまま息絶えてしまうんじゃないか。
そう思わせるような、細い細い声で、父親に訴えました。

その様子を見た父親は、慌てて下の喫茶店へ行き

「 すみませんけど、この喫茶店のメニューにあるコロッケーを

このタッパーに入れてもらえないでしょうか!

過熱した物だけで良いんで。生野菜とかは要らないんで。」

そう頼んで、タッパーに持って来てくれました。

私が、白血病になるまで

私と父親は、ホントに仲が悪くって

顔を合わせると喧嘩ばっかりしていて

しまいには、

日常の挨拶すらしなくなり

なるべく顔を合わさないように生活していました。

そんな父親が

私が、白血病になる2か月前に

胃がんを発症し、胃を三分の二、摘出する手術をしたんです。

それでも、私は、仕事が忙しいことを理由に

2回ぐらいしかお見舞いに行かなくて

父親の状態は、母親から聞いていました。

まったく、親不孝の娘です。

私が白血病で入院すると

父は、自分の体力も完全に戻ってはいないだろうに

毎日、お見舞いに来てくれました。

薩摩川内市から鹿児島大学病院まで

片道1時間30分。往復3時間もかけて。

なのに、病室に居るのはわずか10分。

「 ねぇ、もうちょっと居たら? 」
そう言う私に向かって、返す言葉ときたら

「 そんなに長くいて、お前と何を話すことがあるんだ! 」

そんな父親が

いつものように差し入れてくれたそのタッパーの中に

真っ黒に焦げたステーキ

入っていたことがあったんです。

「 これ、どうしたの? 」

そう聞くと、父親は少し照れた様子でこう言いました。

「わしが、焼いてきたぁ~」

えええええぇぇぇぇぇぇ~~~!!!!!

お父さんがぁぁぁぁ~~~!!

不味い食事が食卓に並ぶと

卓袱台ひっくり返すような父親が焼いたステーキ!

焦げてるし!!

台所にも立ったことのない父親が

スーパーに行って買い物して

不慣れな握り方でフライパンを握る父親の背中が

その真っ黒に焦げた焼肉に

浮かび上がるようでした。

私は、嬉しくて嬉しくて

ちょっぴり泣きながら食べました。

「 美味しいよ 」

ジャリ、ジャリ、ジャリ、ジャリ・・・・。

あなたは、最期の晩餐

何を召し上がりたいですか??
私はね、もう一度、あの真っ黒に焦げた

父のステーキを食べたいと思ってるんですよ。

t02200147_0800053313233967382

PS

食堂に通っていたとき

食べ過ぎて倒れたことがあることは

恥ずかしくて誰にも言えない・・・。ケホケホ。

 

***************************

白石いづみの日々起こる

プッと吹き出すネタ出来事を

毎日配信しているメルマガです。

プッと笑って1日が始まります。

ご登録はこちら (解除はワンクリックですぐ出来ます)

***********************

 

第1期 「 誰といても自分でいられるお稽古 」

【 日にち 】 2月10日(火) / 2月24日(火)

【 時 間 】 19:00~22:00

【 場 所 】 鹿児島県民交流センター 第2リハーサル室

第1期のご参加者の募集は締切になってます。

* 興味関心のあるお方は

ぜひ、お声掛けくださりませ

お問い合わせはこちら

************************
白石いづみ朗読にてゲスト出演決定

第2回 薩摩よいまくら
【日にち 】 2015年3月7日(土)
【 時 間 】18:00開場 / 19:00開演
【 会 場 】レトロフト(鹿児島市名山町2-1-2F)
【 チケット 】前売り3500円 / 当日4000円 ※要1ドリンクオーダー
【 定 員 】定員35名
【 薩摩よいまくらHPはこちら】 http://yoimakura.com/
【 申込先:専用メールフォーム 】http://form1.fc2.com/form/?id=735359

************************

第67回 白石いづみ講演劇

「 神様からのプレゼント~白血病が教えてくれたこと~ 」

【 日にち 】 3月15日(日)

【 時 間 】 開場 13:30~ / 開演14:00~

【 場 所 】 プラザおでって

【 住 所 】盛岡市中ノ橋通1丁目1-10

【 チケット 】 前売券1,300円 当日券1,500円

【 お問い合わせ 】 080-1850-0382 佐藤まで

***********************

出逢い直しカウンセリング

本当の自分らしさと出逢い直し

ニッカニカと笑いながら

自分のいのちを生きることが始まるカウンセリングです。

個人カウンセリング

90分23,000円

 

ご希望のお時間をご連絡ください
お問い合わせ先はこちら

***********************

白石いづみHPは こちら

***********************

 


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年5月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー