1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog


こんにちは
あなたの心を元気にしちゃう白石いづみです音譜

 

 

「 私、気付いたんです。

実は、私、、、、おっちょこちょいなんだなって! 」

 

 

そうシェアしてくれたのは

第1期 「 誰といても自分でいられるお稽古 」

ご参加下さっている女性。

 

 

このお稽古に参加した頃、彼女は、

「 ちゃんとしなきゃ 」

 

 

 

なにかにつけて

「 ちゃんとしなきゃ 」 と 思ってしまう。

 

 

ちゃんと家事をしなくっちゃ。

ちゃんと伝達事項を伝えなきゃ。

ちゃんと仕事をこなさなきゃ。

 

 

別に誰に指摘されるわけでもないし

周りの人からは、「よくやってくれている 」と

とっても評価が高いのに、

 

 

それでも、

「 ちゃんとしなきゃ 」 が、止まらない。

 

 

真面目で、責任感が強く、

仕事のクオリティーが高い分

皆から、期待されるし、頼られる。

 

 

 

その期待に応えたいとも思ってる。

 

 

 

だから新たに芽生える

「 ちゃんとしなきゃ 」

 

 

そんなループの中で、

何かに追われてた彼女が

先日、すっごい驚いた表情で

 

 

「 私、気付いたんです。

実は、私、、、、おっちょこちょいなんだなって! 」

 

 

しかも、かなりの、おっちょこちょい話を聴きました。

 

 

 

友人の自宅に迎えに行ったが

約束の時間になっても出てこない。

 

 

しびれを切らして、LINEを送ると

「 私の家は、そこじゃないよ 」

 

との、衝撃的な事実!!

 

 

 

なにうをぉ~!

 

 

 

今までずっと、この(本当は身も知らぬ人の)家を

友人の自宅だとばかり思っていた。

 

 

しかも、以前、他の友人に

彼女の家を尋ねられたので

 

その時にも、しっかり

この(本当は身も知らぬ人の)家を

丁寧に教えてしまっている!

 

 

 

オーーマイガッ!!

 

 

しかし、彼女曰く、

「 以前の私だったら、迷惑を掛けてしまった友人に

謝罪をして、不甲斐ない自分を責めていたと思うんです。

でも、不思議と、そうは思わなかったんですよねぇ~。

それどころか、私、実は、”おっちょこちょい”だったんだな…。

そんな気すらしています(笑)」

 

 

 

少々、ドヤ顔で言うとりました(笑)

 

 

別に、私自身、「 ちゃんとしなきゃ 」 と思うことが

悪いことだとは思っていないんですよ。

 

 

ちゃんとすることで、スムーズに事が流れていくし、

ちゃんとすることで、自分の価値だってわかってもらえる。

 

 

ただ、そのことを、楽しんでやれているか否かって

大事じゃない?

 

 

色んな感情を味わうことこそ

生きてる醍醐味のように思います。

 

 

自分を責めながら 「 ちゃんとしなきゃ 」 と

思っていることが、苦しいのなら

もう、その苦しい想いを、

じゅうぶんに味わってきたのだから、

次の感情を感じても良い頃合いかもよ。

 

 

 

彼女は、今、豪快に。そして、楽しそうに

おっちょこちょいな自分。を堪能しています(笑)

 

 

あなたは、どんな自分になってみたいですか?

t02200147_0800053413263277763

***************************

白石いづみの日々起こる

プッと吹き出すネタ出来事を

毎日配信しているメルマガです。

プッと笑って1日が始まります。

ご登録はこちら (解除はワンクリックですぐ出来ます)

***********************

 

第1期 「 誰といても自分でいられるお稽古 」

【 日にち 】 4月7日(火) / 4月21日(火)

【 時 間 】 19:00~22:00

【 場 所 】 鹿児島県民交流センター 第2リハーサル室
第2期 =募集中=

* 興味関心のあるお方は

ぜひ、お声掛けくださりませ

お問い合わせはこちら

************************

白石いづみ講演劇
「 神様からのプレゼント~白血病が教えてくれたこと~ 」

全編をBlogに書きました。

第1章 「 あぁ~入院したい 」

第2章「 がんの告知と恵美ちゃんと 」  

第3章 「 怒りに震える 」

第4章 「 白血病と出逢うという概念 」

第5章 「 お父っつぁんとお満つ 」

第6章 「 親が子を想う気持ちを知る 」

第7章 「 真っ黒に焦げたステーキ 」

第8章 「 幸せを教えてくれた眠れる森の美女 」
第9章 「 あの頃のあなたが居たから」

第10章 「 何で私だけが生き残ったのだろう 」

第11章 「 私の人生を変えたあの言葉 」
最終章 「 それが生きてるっちゅーことでんがな 」

************************

 


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー