1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog


こんにちは

白石いづみです

 

 

私、もう時効だと思うんで言いますけどね

 

まだ若かりし21の乙女であった頃。

 

 

当時、お付き合いしてる人がいたんですけど、

他に好きな男性が現れたんです。

 

あるよね、あるよね?そーーゆーーことって、あるよね?(必死)

 

 

もうその男性のことを思うと、食事ものどを通らずに

胸キュンキュンさせてたんですわ。

 

あ、今、遠くを見る目をしてしまいました私。そんな頃もありましてん。

 

 

でね、お付き合いしてる人には悪いけど

その男性に告白したんです。

 

 

電話でね。

 

 

 

口から心臓出るんじゃないかと思うほどの

ドキドキ感!

 

 

 

 

「あ、、あああああ、、あああ、あ、あ、あ、ああたし

ヒロくんのことが好き。」

 

『・・・・・・・・・。』

 

 

「・・・・・・・・・。」

 

 

 

長い沈黙が続き、

この告白は彼の胸に届かずか(涙)と

思ったその瞬間

 

 

彼が私にこう言ったんです。

 

『ねぇ、そのヒロくんって誰?』

 

 

 

 

 

実は、告白した相手の名前は

ヨシユキくん。

 

 

ヒロくんは、付き合ってた彼の名前。

 

 

『・・・・・・・。』

 

 

「えーっと・・・・・・・・・・」

 

 

おかけになった電話番号は現在使われておりません。もう一度、おかけ直し下さい。
プーーープーーープーーープーーーー。

 

もう私の心の中で何度リピートされたことか。

 

 

 

 

その21歳の衝撃的なミスをしてから

告白するときは、異様なまでの緊張感が襲うようになったのです。

 

 

何も後ろめたいことなど一切していないのに

告白する前は、相手の名前を何度も

心の中で復唱して練習していました。

 

 

つか、大変でしたよ!

告白するたびに、まず名前を呼ぶ練習するのって。

 

 

 

あなたにもありませんか?

いや、告白の失敗談を集うのではなくてですね!(爆)

 

 

本当に言いたかったことが言えず、

ずっと心に引っかかったままで時が止まってることをです。

 

 

 

その引っかかったままのご自分のことを

 

あの時、言いたいことが言えなかった私。

 

として今、生きてませんか?

 

 

 

もし、そう思っている節があるのなら、

その影響力たるや実は、ハンパないんっすよ。

 

 

随所、随所で

すごい波紋をきたすんです。

 

 

何も心配する必要もないのに

告白するときに、執拗な緊張感が襲ったり、( ←コレ、かつての私 )

 

 

余計なことは言うまいと

本当の自分の想いをグッと飲み込んだり、

 

 

そのままで、これからもずっと生きていきます??

 

 

もし、「ええーーーやだやだーーー!」

と思っていらっしゃるのなら、

 

ひとつ、ご提案があります。

 

 

 

想いを言うことを断念したシーンに佇んでいる


かつての自分に向かって、優しい言葉をかけてあげてください。

 

それだけです。

 

 

 

例えば

 

「 そこであなたは、精一杯のことやってたよ!」

 

「 その時のあなたは言えなくても、

今のあなたは、少しは言えるようになってるのよ 」

 

「 そこで悔しい想いをしたよね。わかるわかる。私、わかってるよ。 」

 

 

と、かつてのあなたが、気持ちをわかってもらえて

穏やかな表情になるまで、ずっと優しい言葉をかけてあげてください。

 

 

そして、

 

 

 

あの時、言いたいことが言えなかった私。

から、

 

これからは、言えちゃうかもしれない私。

になったらもう、

 

バッチグーーです。

 

 

 

相手の意見も尊重しながらも

自分の意見は、しっかりお伝えする。

 

 

そんな生き方もあって、

そして、誰もがそういきることができるんです。

 

 

もちろん、あなたも。

 

 

 

 

今夜、かつての自分をソォっと

抱き締めてあげてはいかがでしょう?

 

 

PS,昨年、離婚した私。

また告白するチャンスが訪れますように(爆)

 

 

今、「私もそう生きたい」だけど
どうやったら良いのか、わからない・・・・
そんなあなたのために、私のライフワーク
【 いのちが喜ぶ生き方 講座 】があります。

今でこそこうしたブログを綴っていますが、かつての私は
「人に嫌われないように。迷惑を掛けないように。」と
人の視線ばかりを気にして、自分を押し殺して生きていました。

しかし白血病を発症し、余命一ヶ月を宣告されたことをキッカケに
人を気にして生きるのではなく、自分らしく生きることを選択しました。

その経験から、「自分らしく生きていきたい」と願うものの、
実際は「何をしたらいいのか分からない」という方を対象に、
『いのちが喜ぶ生き方』をするための講座を開催しています。

この 『いのちが喜ぶ生き方講座』では、
私、白石いづみがあなたに「生き方を教える」のではなく
あなたが「自分らしく生きていくための方法」を見つけ、
行動に移していけるようになるためのポイントをお伝えします。

あなたも、毎日、自分らしい笑顔で生きていきませんか?
そこからあなたの『いのちが喜ぶ生き方』を始めましょう!

講座説明会についてはこちら
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【日にち】3月12日(土)
【時 間】18時00分~20時00分
【場 所】かごしま県民交流センター・リハーサル室4
【参加費】3,000円
【申込み】こちらからお申込みください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『朝っぱらから、あなたを笑顔にしたい!』
白石いづみのプッと吹き出すメルマガを、
365日あなたのメールボックスにお届けします。

【いのちが喜ぶ生き方】についても配信しますので
ご希望の方はこちらのフォームからご登録ください。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー