1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog

人の目を気にして自分を抑えこんでいた頃の話。


こんにちは

白石いづみです。

 

 

 

 

突然ですけど私、今でこそ、

「あなたのいのちが喜ぶ生き方 講座」をしてますけどね

 

たった6年前まで、その真逆にいたんですよ。

 

 

 

 

私は、幼少の頃から、明るい性格で

トイレの100wと呼ばれていました。

( ムダな明るさ。という意味なんですって。オホホ。 )

 

 

 

その類いまれなムダな明るさで生きてた私が

大人になって「協調性」を重んじる職場に就職しました。

 

 

分厚い事務取扱要領どおりの仕事。

絶対にあってはならないミス。

 

 

会社に必要なのは、個人の明るさではなく

仕事を確実に迅速に終わらせることのみ。

 

会社としては、当たり前のことが

私から見たその状況を一言でいうと

 

THE 窮屈de苦痛

 

 

 

 

いや、誤解なきよう言っておきますけど

今、ここでそんな会社BAD BOY とか(ラップ調で言いたかったんです。汲んでください。)

闘うつもりは、サラサラないですからねw

 

 

 

っで、

「そんなの後で良いから、こっちから先にしなさい」

「さっきの、あのお客様に対しての態度は何?」

「これをするのが普通でしょ」

 

と、未熟な私にご指導くださっていたことを

当時の私は、こう思ったのです。

 

 

 

「こんなに自分の想いを伝えただけで怒られるぐらいなら

意見を言うのは、もうやめよう。

そして、上司の言うとおり、私が聞くとおりにしよう」

 

 

 

 

そしてその瞬間、自分で考える。

ということを放棄しました。

 

だって、自分の想いや、考えを伝えたって

どうせ全部、否定される。と思っていたからです。

 

 

実際は、きっと、そんなことなかったと思いますけどね。

しかし一度思い込んだら、止まりません。

 

 

 

 

だから、それ以降、

自分の想いや、考えを伝えたってどうせ全部、否定される。

という生きにくい環境を自ら作り出し、

その中で生きていくことになるわけです。

 

 

 

 

そして、いつも上司が私の仕事ぶりを

見てチェックされているような気がしてなりませんでした。

 

 

 

類まれなムダな明るい性格だった私が

自分に蓋をし、上司の目を気にしながら、上司の言うとおりに仕事をして・・・

 

どこで、そのムダな明るさを発揮するんだ!

 

てなわけで、ずっと悶々とした日々を送っていたわけですよ。

自分じゃない自分を生きてるような感覚の中で。

 

 

そしたら、次第にすさんできましてねぇぃ。

心が。

 

 

 

気が付いたらこんな言葉が

口を突いて出てくるわけです。

 

「 もうどうでもいい 」

「 みんな死ねばいいのに 」

「 この地球が爆発すればいい 」

「 私の頭の上を目がけて、テポドン落ちないかな 」

「あぁぁ~~、イヤだ」

 

 

 

これぞまさに

Say、自暴自棄な時期!(お、少しラップ調に近づいた。)

 

 

 

 

どれほど、この自暴自棄な時期を過ごしていたでしょうか。

 

 

そんな私を救ってくれたのは

いっつも不機嫌そうな顔をしている私に

友人が言った、この一言でした。

 

 

 

「 ねぇ、最近、笑ってる?」

 

・・・・・・フリーズ。

 

 

 

突然、自分に還り、

 

ぬぅおおおおおおー

 

笑ってなぁーーーーい!

 

私、笑ってなぁーい!!

 

 

と、地を叩いて泣き叫にました。

 

 

 

 

ようやく悔しさや、悲しさなどの感情を感じ、

思いっきり発散できた瞬間でした。

 

 

 

実は、この自暴自棄になってる時期は、

白血病を発症した後の話です。

 

 

 

間違いなく、あの日病室で

毎日、生きている喜びを感じ、

「 そうだ、これからは、自分が最も幸せだと思う生き方をしよう 」

と、鼻水垂らしてウォーン、ウォーーンと号泣してたのに。

 

 

 

あかん!あかん!!

大事なこと、忘れとるやん!

 

 

と、その日、17年お世話になった会社に

辞表を出しました。

 

 

 

その経験をもとに、かつての私と同じように

人の目が気になって自分を抑えこんでしまう人を対象にした講座が

「あなたのいのちが喜ぶ生き方 講座 」なわけです。

 

 

 

今になって振り返ると、心がすさむ前に

 

「あの時、もっとこう言えたんじゃないか。」

「上司の気持ちは、こうだったんじゃないか。」

 

と、真っ新な気持ちで見つめることができます。

 

 

仕事を辞めるも、続けるも、どちらもよし。

ただ、どこで何をしていようとも

あなたのいのちが喜ぶ生き方をして欲しい。

そう願ってやみません。

 

 

 

もし、あなたが得体のしれない不安や

悶々とした感情を感じているのならそれは

 

抑えこまれている本当のあなたが教えてくれている

「私、本当は、こんな生き方したくないの!」

心の扉を叩いているのかもしれませんね。

 

 

そんな声に耳を静かに傾けてみては、いかがでしょう?

 

 

 

PS,ラップ調でBlogを書いてみるのは

なかなか難しくて残念。(だから途中で断念)

 

 

今、「私もそう生きたい」だけど
どうやったら良いのか、わからない・・・・
そんなあなたのために、私のライフワーク
【 いのちが喜ぶ生き方 講座 】があります。

今でこそこうしたブログを綴っていますが、かつての私は
「人に嫌われないように。迷惑を掛けないように。」と
人の視線ばかりを気にして、自分を押し殺して生きていました。

しかし白血病を発症し、余命一ヶ月を宣告されたことをキッカケに
人を気にして生きるのではなく、自分らしく生きることを選択しました。

その経験から、「自分らしく生きていきたい」と願うものの、
実際は「何をしたらいいのか分からない」という方を対象に、
『いのちが喜ぶ生き方』をするための講座を開催しています。

この 『いのちが喜ぶ生き方講座』では、
私、白石いづみがあなたに「生き方を教える」のではなく
あなたが「自分らしく生きていくための方法」を見つけ、
行動に移していけるようになるためのポイントをお伝えします。

あなたも、毎日、自分らしい笑顔で生きていきませんか?
そこからあなたの『いのちが喜ぶ生き方』を始めましょう!

講座説明会についてはこちら
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【日にち】3月12日(土)
【時 間】18時00分~20時00分
【場 所】かごしま県民交流センター・リハーサル室4
【参加費】3,000円
【申込み】こちらからお申込みください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『朝っぱらから、あなたを笑顔にしたい!』
白石いづみのプッと吹き出すメルマガを、
365日あなたのメールボックスにお届けします。

【いのちが喜ぶ生き方】についても配信しますので
ご希望の方はこちらのフォームからご登録ください。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー