1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog

自分の意志よりも親の評価を気にしてしまうあなたへ


こんにちは

白石いづみです。

 

 

突然ですが「 ぬなしご 」って知ってます?

 

 

鹿児島弁なんですけど、漢字で書くとこうです。

「 脳無し子 」

 

「 脳が無い子」つまり、バカな子っという意味です。

 

 

私の父親は厳格な人でした。

「 この家のルールは俺だ! 」が口癖でしたから。

 

すごいでしょ(汗)どんだけやねん。

 

 

父親の言うことを聞かないとき

「ぬなしごがっ!」と言われ続けていたのが

このわたくしでございます。えぇ。

 

 

長男、長女とおりましたが

なぜだか私だけ言われておりました。

 

まぁ、それだけ親の言うこと聞かない子でしたからね。

他にも、こう言われていました。

 

「 わや、人よっかんできんとじゃっで、人が努力をしちょっときゃ、わや、その倍努力をせな、そん人と並びゃできんたっど。」

昔、大河ドラマで鹿児島弁に
字幕スーパーが出たときの衝撃ったらなかったな…。

 

通訳します。

「 お前は人より劣ってるんだから、

人が頑張ってるときは、お前はその倍の頑張って

初めて人並みになるんだぞ 」

 

とまぁ、ダメ人間であることを連呼されるわけですわ。

 

「だから頑張れ。頑張ってダメなのは、頑張り足りないからだ。」

 

 

それでも一生懸命、反発してたんですよ。

「 うるさいな!」「んもぉう、わかってるってば!」と。

 

 

っでもやっぱり、擦り込まれるわけです。

 

 

「お前はダメな人間だ。だからもっと頑張れ!」

という父親の言葉がいつしか

 

 

「私は、ダメな人間だ。だからもっと頑張らなければ!」

そう思うようになりました。

 

 

そして会社に就職してからの、頑張り方はハンパなかった!

 

とにかく頑張る!

どこまでも頑張る!

ひたすら頑張る!

 

頑張りすぎて苦しくなるのに

それでも頑張ってしまう。

 

 

でも、いくら頑張っても達成感はないんです。

なぜなら、私はダメな人間だという劣等感があるから。

 

 

あなたも、こんな経験ありませんか?

 

 

親に「ほんとあなたってダメな子よね」とか

「お姉ちゃんなんだからしっかりしなさい」と言われ

 

大人になっても

 

「私はダメな子だ」とか

「私はもっとしっかりしなくちゃ!」と思うこと。

 

 

安心してください。

 

あなたは、ちっともダメな子なんかじゃないし、

あなたが、しっかりしておく必要もありません。

 

なぜならば、その想いは親の言葉を受け取っているだで

真実ではないからです。

 

だって、あなたが受け取っている親の言葉が

全て真実とは限らないでしょ?

 

 

親の評価が自分をつくっていませんか?

 

 

親の期待に応える生き方ではなく、

私たちは、私たちのいのちを生きる必要があります。

 

 

そう思いませんか?

 

 

誰かの評価を気にする生き方は、とっても苦しいですよね。

 

まるで自分じゃない

誰かの人生を生きてるような感覚かもしれません。

 

 

私もそうでした。

 

しかし、そんな生き方を強制終了してくれたのが

白血病のおかげでした。

 

 

心身ともに限界に達成したとき、

白血病を発症したんです。

 

しかも余命一ヶ月の宣告。

 

しかしある日、治療も順調に進んでいたので

家に1泊だけ帰れるようになりました。

 

 

家に帰って来た私を見た瞬間の

父親の嬉しそうな表情を

 

私は今でも忘れることができません。

 

生れて初めて見る父親の笑顔でした。

 

 

 

「ぬなしご」と呼ばれたり

「努力が足りん」と叱られたり

 

ただの一度も褒めてもらったことがなかったけど

 

けど、私が生きてることを

こんなに喜んでくれるんだ・・・・。

 

そう思えたんです。

 

 

「 私はダメな子 」

「 私は頑張らなければならない」

 

じゃないと父親に喜んでもらえない。

 

 

ずーーーっとそう想ってたけど、

それもまた、私の思い込みだったことに気付いたんです。

 

 

人の目を気にしてしまうのも同じ理由です。

その理由を言えば身も蓋もない話なのですが

 

結局は、このような【思い込み】がほとんどです。

 

「 こんなことを言っては、嫌われるかもしれない 」

「こんなことを言っては、迷惑を掛けるかもしれない」

「こんなことを言っては、ダメに決まってる」など

 

ちっとも嫌われもしないし、迷惑じゃないし、ダメでもないのに。

 

残念なことに、その思い込みに独りでは気付かないものです。

なぜならそれが【当たり前】になってるから。

 

 

そこでその思い込み、他にも問題と制限を外し

本来の自分を取り戻すための講座をしています。

 

もし、ご興味があればぜひ下の動画をご覧ください。

 

 

PS どうせすべてが思い込みだというのなら
「いやーーん、あたしって可愛い!」ぐらいの思い込みでも良いと思うんです。

PPS「私が笑うと地球が踊る」ぐらい突き抜けると
もう何も言えない思い込みに達しますが、いかがでしょう。

 

コホン。

こんなこと言ってますけど真剣に講座してます。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

「 思いっきり泣いたり、笑ったり、全力で生きたら幸せだろうなぁ~
だけど、人の目が気になって自分を抑えこんでしまう 」・・・・そんなあなたへ
白石いづみからのメッセージ

 

講座資料の請求は、もうお済みですか?

資料申込みフォームはこちら
PDFにてお送りします。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【 いのちが喜ぶ生き方 講座 『無料』資料請求】
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
( お名前とメールアドレスの入力フォームに移ります )

12771969_637771849693842_4117405196318002202_o

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『朝っぱらから、あなたを笑顔にしたい!』
白石いづみのプッと吹き出すメルマガを、
365日あなたのメールボックスにお届けします。

【いのちが喜ぶ生き方】についても配信しますので
ご希望の方はこちらのフォームからご登録ください。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー