1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog

もう人の意見に左右されない!自分の人生を生きる方法。


こんにちは

白石いづみです。

 

 

私について、誰にどんなことを言われても、

信念さえしっかり持っていれば、全然、気にならないもんだな。

 

と思うことがありました。それは・・・・

 

 

 

 

「 正直、いづみの仕事は応援できない。」

と、姉に言われました。

 

 

 

どうやら、安定した仕事に就いて欲しいのだそうな。

 

 

実は私、たった6年前まで、

金融機関に17年勤務してました。

 

 

その金融機関の安定したお仕事に比べたら

そりゃぁ~、安定していないこの自営業。

 

 

しかも、独身に戻ったしねー。経済面で頼れる人いなくなったしねー。

( うるさい、うるさーーい!! )

 

 

 

 

それでも私は、どうしてもこのお仕事を続けていきたいんです。

 

 

だって、受講生さんが、初めて自分を愛すという感覚を知ったとき。

ずっと抱えていた辛かった思い出が、癒やされた瞬間。

「毎日が楽しくて仕方ないんです」と言ったときの眩しい笑顔。

 

もちろん、他にもたっくさんありますけど。

 

 

こんな瞬間に立ち会えて、言葉も出ないほどの幸せな気持ちになる仕事は、

(私の中では)他にはないもの。

 

 

だから、誰がなんと言おうと、辞めるつもりはないんです!(鼻息強)

(あ、昨日のBlog『私、もう辞めることにしました』は、紛らわしくてすみませんw
リンク貼りました。未読の方はどうぞお読みください。)

 

 

さて。

 

 

 

あなたにもありませんか?

 

誰にも譲れないもの。

 

 

 

でもそれを反対をされたとき

 

どうしますか?

 

 

 

 

私は、説得して、この仕事のことを理解してもらおうともせず、

「どうせお姉ちゃんには、わかんないわよ!」と感情的にもならず、

だからと言って、私の大好きな仕事を辞めることもせず

 

 

このとき、姉に言った言葉は

 

 

「 心配してくれてありがとう。

お姉ちゃんに安心してもらえるように、この仕事をもっとがんばるよ!」

 

 

でした。

 

このように姉が心配してくれるのは、

私をおもんばかりのことです。

 

 

だから、大袈裟かもしれませんが

「応援できない」と言われることも、姉の愛だと思うんです。

 

 

だからこそ、

お姉ちゃんが、安定した仕事が良いって思ってることは

理解できたよ。と姉の愛を受け取った上で、

 

 

だが断る!!

と心の中で呟きます。

 

 

人に反対されて

本当にしたいことを辞めるのは、

 

人の人生を生きてるのと同じです。

 

 

あなたの人生には、

あなたにしかできないことが、きっとあります。

 

 

人は人。自分は自分。

あなたが最も大事にしていることを

 

今、大事にして生きませんか?

 

 

 

10月から第5期 【あなたのいのちが喜ぶ生き方講座】開講!!
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

「 思いっきり泣いたり、笑ったり、全力で生きたら幸せだろうなぁ~
だけど、人の目が気になって自分を抑えこんでしまう 」・・・・そんなあなたへ
白石いづみからのメッセージ

 

講座資料の請求は、もうお済みですか?

資料申込みフォームはこちら
PDFにてお送りします。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【 いのちが喜ぶ生き方 講座 『無料』資料請求】
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
( お名前とメールアドレスの入力フォームに移ります )

12771969_637771849693842_4117405196318002202_o

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『朝っぱらから、あなたを笑顔にしたい!』
白石いづみのプッと吹き出すメルマガを、
365日あなたのメールボックスにお届けします。

【いのちが喜ぶ生き方】についても配信しますので
ご希望の方はこちらのフォームからご登録ください。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー