1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog


こんにちは

白石いづみです

私は、今から14年前に

急性リンパ性白血病を発症しました。

余命一ヶ月の宣告を受けたんですよ!

うらわかき27歳でした。

 

おかげさまで

再び命を与えられ、退院できたんですけどね

親戚やお友達など

みんなに散々、心配かけてしまいましたから

退院後に、元気な姿を見せに挨拶回りに行ったんです。

ある親戚のおばさんのご自宅へ行きました。

そのおばさんは、いつも私の身を案じては

母に連絡をくださり、様子を聞いて下さっていたそうです。

私の記憶の中でも

幼少の頃から、いっつもお菓子をくれる優しいおばさんでした。

( 割と食い物に釣られますけどなにか? )

私の大好きなおばさんに、ご挨拶を済ませ

「 んまぁ~、元気になってホント良かった 」

そう涙を滲ませ言ってくださるおばさんに、

頭を下げながら玄関の外に出ました。

そして、そのまま玄関の扉があと10㎝で閉まる。

その瞬間、おばさんの声が聞こえたんです。

「 ホントに可哀想だった・・・・ 」

 

ん?

 

私は、身体が固まってしまいました。

可哀想?私が?

もちろん、優しいおばさんが言った

言葉の真意は、愛から溢れ出ている言葉だと

身に染みて感じることが出来ました。

でも、でもでも!!

私、伝えたかった。

「 おばちゃん、私、可哀想なんかじゃないよ 」

おばさんに謝罪を求めるでもなく

怒りをぶつけるわけでもなく

憤りを感じながらでもなく、

おばさんの優しい想いからくる愛を受け取り

なおかつ、しっかりと、伝えたかったんです。

だから、パタンと閉めることもできた扉を

ガラガラガラガラガラーーーっと開けて

「 おばちゃん!いつも優しい言葉を掛けてくれてありがとう。

でもね、私、ちっとも可哀想なんかじゃないんだよ。

だってね、白血病になったことで、【生きる】ということについて

健康な頃には考えたこともないことまで、向き合えたんだもの。

そんな時間が与えられたことで、

私はね、誰よりもお得な人生を歩んでいると思ってるの。」

そう言うと、おばさんは

「 そうだったんだね。」

と、何度も頷いてくれました。

相手を咎めるのではなく

「 私は、○○と思っている。」

「 私は、○○だ。」

と、ただ、自分の想いを堂々と胸を張って伝える。

そのことが出来るか、出来ないか。

この差は、むちゃくちゃ大きいように思う。

相手を責めたり、論破したりするための言葉ではなく

自分のことを深く理解してもらうための

想いや意見。アイデンティティーの伝え方を磨く必要があるなぁと

そう感じ入るのです。

胸を張って堂々と「 私は、○○だ。」

そう伝えていますか?

t02200146_0800053213338140230

***********************************

人前で話すのが苦手なあなたへ

会議、 スピーチ、 商談会、 結婚式、 講座、
就職面接、 面談、 コミュニケーション等

自分の想いを伝えきれない人のために
堂々と胸を張って、自分が大事に想っている価値観を
ぞんぶんに伝えられるようになるための

この度、プレゼンテーション基礎講座を開講することにな
りました。

今回は、その体験会のご案内です。

____________________

★ こんな方におすすめです
____________________

■「え?今、何て言った?」と何度も聞き返される。

■ スピーチをしていると、退屈そうにしている人がいる。

■ 自分の想いが伝わったか不安になる。

___________________

★ こんな内容です
___________________

■ 聞き取りやすい声の出し方。聞こえにくい声の出し方の違
いについて。

■ 1人対1人の話し方。1人対2人の話し方。
1人対30人の話し方の違いについて

■ 「伝える」と「伝わる」の違いについて。

____________________

★ こんな可能性をお感じいただけました。
____________________

 

 

 

 

 

■ ボキャブラリーが少ないために、
この感情を表現する言葉が足らずに、
うまく伝えられないことがもどかしいと思っていたが、
たった一言でも、この想いがじゅうぶんに伝わることを知
った。
■ 想いを言葉に乗せることの大切さを知った。■ 言葉には自分の状態が伝わるのだということを知った。■ 今まで出したことのない声のトーンを自分で聞いて、
カッコイイと思えた。■ 恥ずかしくて言えてない想いを、素直に夫に伝えたいと思
った。■ 人に想いが伝わるって、こんなに楽しいことだったとは!

■ 伝えてると思っていたけど、実は伝わってなかったんだと
気付いた。

_____________________

そんな体験会のスケジュールをご案内します。
スケジュール帳を開いて、ご確認くださいね。
_____________________

体験会日程

【日にち】

 

6月19日(金)19:00~21:00

かごしま県民交流センター

 

6月21日(日)19:00~21:00

薩摩川内市 市民文化ホール

6月24日(水)10:00~12:00

かごしま県民交流センター

 
【 参加費 】3,000円

【 ご持参頂く物 】お水 動きやすい格好(ジャージ等)
*簡単なストレッチをするのでスーツやワンピースは避け
て下さい

【 お申込みフォーム 】こちらから必要事項をご入力ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9be6f2a9366099

【 お問い合わせ先 】info@dunchan.net

【 追 記 】「興味はあるが、日程が合わない」という方は、
別途ご相談いただければ、可能な限り対応させて頂きます

***********************************************

こんにちは
一人からホールサイズまで
あなたの心を元気にするセラピスト・白石いづみです。

このご案内を読んでいただき、ありがとうございます。
簡単に自己紹介をさせてください。

私は23歳からずっと18年間演劇に携わってきました。
(27歳の時に、自分の劇団を主宰。)

そして、37歳から始めた独自の講演劇、
「神様からのプレゼント~白血病が教えてくれたこと~」
で、
私が経験した白血病を通じて「いのち」について
表現し、お伝えしている活動を続けています。

熊本、長崎、東京、盛岡でも回を重ねることができ
67回・約2700人の方にメッセージを届けられており
ます。

基本的な性格はひょうきん者で、
付けられたあだ名は「トイレの100W」
(無駄な明るさ。という意味だそうです)

この度、そんな私が、芝居や講演劇を通して、最もお伝え
したい想いを
いかに多くの方へお届けすることが出来るか、その答えを
5年もの間、
試行錯誤を繰り返しながら、ずっと探し続けていました。
そして、ようやくわかったんです。

自分の想いを伝え、人の心を動かすためには
6つのステップにわけられるということに。

その6つのステップを、たった3ヶ月で全部あなたにお伝
えする
「一瞬で人を惹きつけ、心を動かす話し方」
基礎講座を開催することにしました。

今回は、その体験会で
あなたにお会いできることを心から楽しみにしてますね

 


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー