1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog


こんにちは音譜
白石いづみですニコニコ

 

「 なんでそんな性格なんですか? 」

 

先日、カウンセリングにお越し下さった
クライアントさんから
こう言われたんです。

 

あまりにもストレートな質問に
飲んでいたお茶を
吹き出すところでした ( 笑 )

 

「 白石さんは、
いつも元気で明るくて
楽しいことも悲しいことも
身体中の毛穴で 感じながら味わい
生きてるじゃないですか!

 

白石さんって
めっちゃ生きてる人!
って感じです

 

白血病になる前から
元々 そんな性格だったんですか? 」

 

 

そんなこと
考えたこともなかったので

 

いつからこんなになってしまったか。
と、記憶をたどると

 

あの日の出来事を思い浮かべました。

 

 

今から14年前
急性リンパ性白血病の
治療を受けていたとき

「 この血小板の
数値の回復力が弱いのが
どうも気になる。

過去のデータを見ても
もう1クール 治療をした方が良い 」

 

さすがの私も
診察室で声を上げて

 

「 いやだぁ~~ !
なんで?私、こぉ~んなにも元気じゃないの!
なんで治療をもう1クールしなきゃいけないの?
今回で全ての治療が終わるって言ったじゃん! 」

 

そう言って
泣きながら診察室から飛び出しました。

 

待合室のソファーに座り
ハンカチで顔を押さえながら
泣きじゃくりました。

 

だって、抗がん剤の治療
ケッコー、身体、キツイんだもん。

 

それをもう1クール追加なんて
簡単に言ってくれるぜぃ!
てやんでぃ!!

 

でも、散々、泣き散らかしたあと
大きく深呼吸をして 診察室に戻り
先生にこう言ったんです。

 

「 私、もう1クール。治療、頑張るから。」

そう私に決心させたのは
主治医のこの言葉。

 

「 過去のデータ 」

 

それは かつて私と同じように

 

「 生きたい! 」

 

そう願いながら 受けていた
たくさんの方々の治療のデータ。

 

無駄になんて できない!

 

過去のデータを見て
「 1クール治療を追加した方が良い 」

 

そう判断した先生の言葉は
そのデータを残してくれた
たくさん人たちからの

 

「 生きろ 」

 

という言葉でもあると
そう思ったんです。

 

誰かが生きたいと願って
治療を受けたデータで
私は今 生きている。

 

今日、生きているいのちは
誰かが生きたいと願ったいのち。

 

泣いたり笑ったり
怒ったり喜んだり。

 

自分らしさ満開で
生きるという気持ちに

 

白血病になったことで
より拍車がかかったのかも ( 笑 )

 

t02200293_0220029313139767575

PS
幼少の頃の あだなは
「 トイレの100w 」でしたけどね
( 無駄な明るさ っていう意味なんですって )

PPS
でも、「 みんな死ねば良いんだ~ 」と
わめいていたOL時代もあるんです。

PPS
次回は、ブラックいづみだった頃の話しを
Blogに書こーっと (笑)

 

白石いづみからのメッセージ
【 私、幸せになって良いんだ 】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー