1人からホールサイズまで心を元気にしちゃうセラピスト

menu

白石いづみのBlog

いつかあなたも私を独りにするんでしょ!


 

 

こんにちは

白石いづみです

 

 

先日のプレゼン講座で

ある受講生の方がこうおっしゃいました。

 

 

「私、人と一定の距離を保とうとするんです。」

 

【一定の距離を保つことで、何からご自分を守ってるのですか?】

 

「孤独を感じないためです。」

 

人に本心を話して、身近な存在になっても

いつか私から離れていく。

私を孤独にする。

 

だったら、最初から誰とも本心を語り合わず

人を寄せ付けなければ、

私は、寂しい想いをしなくて済む。

 

 

そう言われた瞬間、

私は、あの日のことを思い出しました。

 

 

 

 

以前、お付き合いしていた男性がいました。

 

私は、彼の肩にチョコンと首を置いて

甘えた口調でこう言いました。

 

「私たち、ずっと一緒よね」

すると彼は、ハッキリと言ったんです。

【うーん。それはどうかなぁ】

 

 

・・・・・・。

 

 

へ?

今、なんて?

 

 

 

ここは、オマエ(← この時点で既にオマエ扱い)

 

「当たり前じゃないかBaby♫」

 

って言うとこだろーがよぉう!

だろーがよぉう!

がよぉう!

ぉう!

(脳内リフレイン中)

 

 

 

そして、間もなくお別れすることになりました。

チーーーーン。

 

 

そして、私はこの恋で学びました。

「ずっと一緒」はない。

「永遠の愛?」フン(←鼻で笑った)

 

所詮、私は、独りよ。

 

 

心がささくれていた私に

運命の出逢いがありました!

 

それは、淳クンとの出逢いです!(鼻息強)

 

 

血液の中に入って身体中を巡りたい。

そう思えるほど好きになった私は、

 

晴れて、永遠の愛を誓い結婚!

 

 

 

 

ある日、淳クンに聞いたんです。

「私たち、ずっと一緒よね」と。

 

そしたら、なんて言ったと思います?

【うーーーん、それはどうかなぁ?】

 

 

へ?

デジャブー?

 

 

 

さらに畳み掛けるように

言い放つ痛烈な言葉。

 

【別れる時には、別れるのよ。】

 

 

 

ノン!ノン!ノン!!

ちげーーだろうが!

 

 

ここは手を取り、見つめ合い

「何を言ってるんだい。一緒に乗り越えようじゃないか!」

 

って言うとこだろーがよぉう!

だろーがよぉう!

がよぉう!

ぉう!

(脳内リフレイン中)

 

 

そして、再び湧き上がる懐かしい感情。

 

やっぱりコイツも(← この時点でコイツ扱い)

 

私を独りにするんだ!

 

 

 

んもぉうねぇい、ズタボロでしたよ。えぇ。

 

必死に、淳クンにしがみついてましたもん。

独りにしないでぇ~~~(涙)って。

 

 

そんな私を見て、親友が

こんなことを話してくれました。

 

 

【 づんちゃん。私も、独りよ。

でもね、私は、この想いを大事にしていたいと思ってるの。】

「どうして?」

【人は、独りだからこそ、人と繋がりたいと思うし、

大事にしたいと思うのよ。

だからね、独りであることは、決して悲しいことではないの。】

 

 

正直、その時の私には

理解できませんでした。

 

 

それから3ヶ月後

私は、両親を亡くしました。

 

 

悲しみのどん底を漂い、もう二度と

ここから這い上がることができないかもしれない。

 

そう思っていました。

 

 

 

でも淳クンは、

今までと何ら変わることなく

私に接してくれたのです。

 

慰めるでもなく

諭すでもなく

 

 

いつものようにバカなことして

笑わせようとするんです。

 

たとえ、私が笑えなくとも。

そうやって、いつもと変わらず

そばにいてくれたんです。

 

おかげでようやく

悲しみから這い上がることができました。

 

 

 

この辛いできごとを乗り越えて

夫婦の絆が深くなった。

そう思いました。

 

 

いや、そうに決まってる。

と、妙なところでポジティブな私は、

よせば良いのにまた聞くわけです。

 

 

「私たち、死ぬまでずっと一緒よね」

(少しハードル高くなってる)

 

それに対して、返す言葉が

【 うーーーん、ビミョー 】

 

 

え?

 

 

なんだか、返事すらテキトーになってない?

 

一瞬、膝から崩れ落ちそうになりましたがw

でも、すぐに立ち直りました。

 

 

 

 

なぜならば

 

人は、独りで生まれて来て、

独りで死んでいく。

 

どんな時でも、人は独りだ。

永遠の愛なんてない!

 

 

だからこそ、人は、

想いを寄せ合い、言葉を交わし

自分のことを伝え、相手の想いを知り、

 

愛を深めていくんです。

 

たとえ、それが一方通行であっても

自ら独りになろうとすれば

永遠の独りに陥るだけです。

 

 

 

独りにならないために、最初から独りでいる。

という選択ではなく、

心を開いて、本音を伝えて

誰かと繋がって行く人生を歩んでみませんか?

 

 

PS,淳くんに

【私ね、あなたの血液の中に入って身体中を巡りたいの!】

と抑えられない感情を伝え、

「怖いよぉ~」と泣かれたことがあります。えへ。

 

************************

一瞬で人を惹きつけ、心を動かすプレゼンテーション基礎講座 <説明会>
*堂々と胸を張って自分らしく生きて行きたい!
そんなあなたへお越し頂きたい講座の説明会です。

★ 10月24日(土) 13:00~17:00
かごしま県民交流センター / 1階リハーサル室 3

★ 11月7日(土) 13:00~15:00
キューブビル
HP:http://www.so-cube.biz/layout.htm

【 参加費 】3,000円

【 お申込みフォーム 】こちらから必要事項をご入力ください。

************************

第70回 白石いづみ講演劇
「 神様からのプレゼント~白血病が教えてくれたこと~ 」
自身の白血病の経験を、独自の講演劇というスタイルで
いのちを生きることについて、お話ししている活動をしています。

【 日にち 】11月14日(土)
【 時 間 】 13:00~15:00 ( 12:30 開場)
【 お申込み 】前売3,000円 当日3,500円
【 場所 】 (株)電気ビル 3階Bカンファレンス
( 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館3階 )
【 お問い合わせ 】 090-7387-3734 ( 小林 )

 

 


関連記事

無料メルマガ登録はこちら

白石いづみの【いのちが喜ぶ生き方】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー